トップ  >>  出版物・研究成果等 >> 法律関係書 >> 金融システム改革と証券取引制度

出版物・研究成果等

当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。

法律関係書

金融システム改革と証券取引制度

証券取引法研究会編
ISBN4-89032-028-8
2000年6月発行
A5判   279頁
本体(税別)3,200円 
購入

わが国の証券取引制度は、金融システム改革法によって、取引所集中義務の撤廃、新市場の創設、新規参入規制の緩和、株式委託手数料の完全自由化、証券投資信託制度の改革等、大きな変革が進んでいる。本書は、証券取引法の権威の学者等により、こうした証券取引制度の改正の主要内容を分析、検討したものである。

目次

少額募集等にかかる開示制度の整備ほか
吉原和志東北大学教授

自己株式に関する開示
龍田 節神戸学院大学教授

証券会社の業務の多角化、参入規制の緩和と利益相反の禁止
前田重行筑波大学教授

顧客資産の分別管理
浜田道代名古屋大学教授

投資者保護基金制度
関 俊彦東北大学教授

取引所集中義務の撤廃
神崎克郎姫路獨協大学教授

店頭登録市場
森田 章同志社大学教授

不公正取引規制の整備
森本 滋京都大学教授

投資顧問業務・証券会社の資産運用サービス
山下友信東京大学教授

証券投資信託の改正
神田秀樹東京大学教授

証券投資法人制度
前田雅弘京都大学教授

新興企業向け新市場創設の動き
長友英資東証総務部長

 

お探しの出版物が見つからない場合は「出版物検索」ページでキーワードを入力してお探しください。