トップ  >>  出版物・研究成果等 >> 証研レポート 2017年度

出版物・研究成果等

当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。

証研レポート 2017年度

隔月刊 偶数月第2月曜日発行  大阪研究所編集  本体 381円(税別)  ISSN 0388-5356
1958年12月創刊。研究所客員研究員による証券市場をめぐる諸問題をとりあげた小論を掲載。

Get ADOBE READER
PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。

 

1703号(2017年8月)ALL PDF

フィンテックの促進へ進展する制度整備

二上季代司

非上場株式およびTokyo Pro Marketの最近の動向

松尾順介

欧州ダーク・プールの実情2
—英国FCAのデータ分析にみる実態—

吉川真裕

米国のレバレッジ系ETFにおける投資家行動

志馬祥紀

1702号(2017年6月)ALL PDF

フィンテック時代の証券業

二上季代司

ECBの量的緩和と国債保有・損益負担

伊豆久

欧州ダーク・プールの実情
—英国FCAの報告書にみる実態—

吉川真裕

レバレッジETFに見る投資家行動
—市場価格データに基づく実証分析—

志馬祥紀

1701号(2017年4月)ALL PDF

顧客本位の業務運営に関する原則

二上季代司

将来株式取得略式契約スキーム(SAFE)の課題
—クラウドファンディングとの関連で—

松尾順介

外為市場の各国比較

伊豆久

英独取引所グループの経営統合撤回

吉川真裕

1700号(2017年2月)ALL PDF

「株先五〇」三〇周年を迎えて
—清算取引復活運動はなぜ挫折し、「株先五〇」開設はなぜ成功したか—

二上季代司

将来株式取得略式契約スキーム(SAFE)とクラウドファンディング

松尾順介

外為取引の減少について

伊豆久

欧州HFTの実情3
—複数市場での重複指値注文—

吉川真裕

日中の株価変動とレバレッジETF
—Brexitとトランプ・ショック時の動き—

志馬祥紀

異次元金融緩和政策と国債金利形成の特徴

中島将隆

証研レポートの定期購読・バックナンバー購入のお問い合せは大阪研究所(Tel.06-6201-0061(代))まで。

お探しの出版物が見つからない場合は「出版物検索」ページでキーワードを入力してお探しください。