トップ  >>  出版物・研究成果等 >> 証券経済研究 2016年度 >> 第93号(2016年3月)

出版物・研究成果等

当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。

証券経済研究 第93号(2016年3月)

株式リスクプレミアムの時系列変動の推計—日米市場での62年間の実証分析—

山口勝業(イボットソン・アソシエイツ・ジャパン(株)代表取締役社長)

〔要 旨〕
 実現された株式の月次超過収益率(EXR)は事前の期待値としての株式リスクプレミアム(ERP)の月次変化とは逆数の関係にあるという性質を利用して,米国と日本の過去62年間の株式と債券の月次リターン系列をもとに過去の各時点のERPを推計した。推計されたEXRは米国も日本も長期的平均値は4~5%であったが,2008年の金融危機を契機にERPが急騰した後は,米国は沈静化に向かっているものの,日本のERPは2013年末現在でなお高止まりしていた。

全文PDFダウンロード

Get ADOBE READER
PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。

お探しの出版物が見つからない場合は「出版物検索」ページでキーワードを入力してお探しください。