トップ  >>  研究会 >> 資産運用研究会

研究会

資産運用研究会(主査 米澤康博早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授)

資産運用を巡る諸問題の研究を目的に、新たに資産運用研究会を立ち上げる。当初の研究テーマを「運用対象からみた各アセットクラスの魅力と問題点—リターン、リスク、流動性、投資家層等の視点から—」と定め、特に我が国の「失われた20年」と言われる時期に焦点を当てながら、株式、債券、ヘッジファンド等の各資産の収益率、相互連動性、リスクの変化等の分析を中心に、投資家層や流動性、情報伝達度(市場の効率性)といった要素も加味しつつ、各資産の魅力度について総合的な分析を行っていく予定である。

メンバー

(平成27年7月1日現在)

主 査

米 澤 康 博

早稲田大学大学院ファイナンス研究科 教授 *

安 達 誠 司

丸三証券調査部 経済調査部長

大 野 早 苗

武蔵大学経済学部 教授

大 森 孝 造

三井住友信託銀行 パッシブクオンツ運用部運用執行役

北 村 智 紀

ニッセイ基礎研究所 金融研究部門 年金ALM、金融商品担当

玉 之 内 直

大和ファンド・コンサルティング投資戦略ソリューション部長

中 園 善 行

横浜市立大学 国際総合科学部 准教授

福 田   徹

当研究所 主任研究員

丸   淳 子

武蔵大学 名誉教授

宮 川 大 介

日本政策投資銀行設備投資研究所 副主任研究員

山 口 勝 業

イボットソン・アソシエイツ・ジャパン 代表取締役社長

オブザーバー

田 代 一 聡

日本証券経済研究所研究員

(注)*印は当研究所の客員研究員を兼務
[敬称略]

最近の活動状況

平成28年3月にこれまでの研究成果をとりまとめ、『証券経済研究』第93号に発表した。

平成27年度における研究会の開催状況は次のとおりである。

○ 「契約再交渉と優先株式の最適性」(2月17日)
三井住友信託銀行パッシブクオンツ運用部運用執行役  大森 孝造氏
○ 「インターネットと個人投資家行動の変化」(1月27日)
株式会社ビデオリサーチ・インタラクティブ ビジネスデベロップメント本部 データサイエンティスト  駒井 隼人氏
○ 「生保相互会社の業務多角化と株式会社化」(12月28日)
住友生命保険相互会社 年金事業部 審議役  丸山 高行氏
○ 「『Carry Trade Crash』と為替レート決定理論について」(11月27日)
丸三証券 調査部 経済調査部長  安達 誠司氏
○ 「日本株式のサイズ・プレミアム」(4月24日)
イボットソン・アソシエイツ・ジャパン代表取締役社長  山口 勝業氏

平成26年度における研究会の開催状況は次のとおりである。

○ 「経済学とファイナンス」(3月2日)
イェール大学名誉教授  浜田 宏一氏
○ 「Understanding JGB Investment Behaviors: Evidence from Domestic and Foreign Investors Data」(11月28日)
日本大学准教授  宮川 大介氏
○ 「Stock market responses under quantitative easing:
  State dependence and transparency in monetary policy」(10月7日)
横浜市立大学准教授  中園 善行氏
○ 「資本市場リターンの需要・供給と株式リスクプレミアムの時系列変動」(6月20日)
イボットソン・アソシエイツ・ジャパン(株) 代表取締役社長  山口 勝業氏
○ 「企業年金の柔軟性と企業年金ガバナンスの有効性」(5月2日)
住友生命保険相互会社年金事業部 審議役  丸山 高行氏

平成25年度における研究会の開催状況は次のとおりである。

○ 「リスクパリティ・ポートフォリオと低リスク資産アノマリー」(3月28日)
三井住友信託銀行 パッシブクオンツ運用部運用執行役  大森 孝造氏
○ 「日本のリターン革命」(2月25日)
メリルリンチ日本証券 株式ストラテジスト  神山 直樹氏
○ 「Abenomics — Alchemy or Science?」(1月24日)
早稲田大学大学院助教  中園 善行氏
○ 「変貌する公募増資のスキーム〜欧米で拡大するABO〜」(11月29日)
当研究所主任研究員  福田  徹氏
○ 「アベノミクス1年」(10月31日)
東京大学大学院教授  植田 和男氏
○ 「Demand Function of Japanese Government Bond: Evidence from Multi-Class Investor Data」(8月19日)
日本政策投資銀行設備投資研究所 副主任研究員  宮川 大介氏
○ 「Excess liquidity and commodity boom」(7月19日)
武蔵大学教授  大野 早苗氏
○ 「時系列変動する株式リスクプレミアムの推計」(5月31日)
イボットソン・アソシエイツ・ジャパン 代表取締役社長  山口 勝業氏
○ 「デフレーションと為替レートの関係 〜「円高の正体」を踏まえて〜」(4月26日)
丸三証券 調査部 経済調査部長  安達 誠司氏